Calamariの釣行記

エギング、アジング、その他いろいろ。釣行記やタックル等から釣り以外のことまで。マイペースでやってます♪

MENU

瀬戸内 離島エギング『最終戦』

釣行日:11/29

時間:5:00~12:30

潮:大潮

釣果:アオリイカ×1杯(400g)

   コウイカ×1杯(300g)

 


こんばんは、最近色々と多忙で全然釣りに行けていないからまりです。


今回はまたまたの離島エギング。

水温も徐々に低下してきており、時期的にはほぼ終了間近な雰囲気。

「今シーズンはもう終了かな~」っと思っていましたが時間が取れたのでシャクリ納めも兼ねて離島へ渡ってきました。

 

まずは朝一、初場所へ。


シャローとディープ両方が狙える岬へ渡してもらいました。


この時期にしては珍しく朝はほぼ無風。


寒さ対策も万全でテンションだけは上がります。

 

潮は干潮から動き始めたところあたり。

イカのサイズも上がっているであろうことは予想できるので3.5号でスタート。


とりあえず初場所なので潮の流れる方向、強さ、シモリや海藻の状況を確認しながら探っていきます。


岬前にシモリが確認できたので丁寧にさぐっているとイカパンチらしきアタリ!


しかし残念ながら抱き切らず^^;合わせるもハズレ。。。


回収せずそのまま再度フォールさせショートピッチからの2段シャクリで持って行ってくれました。


f:id:Calamari_555:20201201044607j:image

(Draw4 3.5号:アップルマンゴー/レッド)


明るくなり始めたタイミングで1杯目。
サイズは胴長20cm程でまずまず。


リーダーを確認すると結構根ズレでダメージを受けていたのでいったん落ち着いてノットの組みなおしを。


これ、結構大事ですよね~。めんどくさがるとラインブレイクにつながるのでからまりは頻繁に結び直しやノット組み直しをしています。
地球にもお財布にも優しくなります♪

 

その後、連発を狙ってキャストをするも反応は得られず。


潮が動き出し状況は良い感じなのですが流れる方向がいかんせんよろしくありません^^;


というのも流れに乗せてドリフトさせようとすると小磯やブイに引っかかってしまうのです。。。


かといってキャストの方向を変えるとアテ潮に。おまけに大潮の影響で流速が速い速い。。。


狙えるシャローを攻めるも生命感は感じられず。


あれこれと試行錯誤するも攻略しきれずそのまま磯替えのお迎えが^^;

 


昼前から強めの風が吹く予報だった為、次なるポイントは山に囲まれた湾内へ。
秋序盤~中盤は良い思いをした経験が多くお気に入りのポイントです。


が、時期が時期だけにまったく反応ありません。。。
チェイスも無し。とりあえず足で稼げるだけ稼ごうと行ける範囲をランガン


このポイントの中では比較的深い場所でようやくアタリがあるものの重たいだけでジェット噴射は感じられず。


f:id:Calamari_555:20201201044632j:image

(エメラルダスステイ 3.5号:金-ピンクエビ)


ですよね~。わかってましたよ^^;あなただって。。。


その後も気力を振り絞って投げ続けるもまったく反応なく心が折れたのでお迎え30分前に終了。。。

 


簡単ではないことはわかっていましたが完全に惨敗でしたw

 

コロナウイルスの影響で遠征も厳しいので今シーズンはこれで終了ですね。


イカシーズンまでアジング等で充電しますw

 


【タックルDATE】

ロッド:エメラルダス ストイスト 76MMH-SMT(ダイワ)

リール:18イグジスト FC LT2500-C(ダイワ)

ライン:アップグレードX8 0.6号(ヨツアミ)

リーダー:ソルティメイト エギリーダーFC HARD 2.5号(サンライン)

エギ:Draw4 3.5号(カルティバ)

   エメラルダス ステイ 3.5号(ダイワ)

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村 ← よければポチッとお願いします!